So-net無料ブログ作成

中学生達 [高校バレー]

公立大会会場に、数人の中学生達が、試合を見に来ていた。
1人、着てるジャージに馴染みのある中学校名を見つけたので声を掛けた。

その時、彼女達が、既に、推薦で高校に合格してる事が判明。
「どこに決まった?」と聞くと「江戸川です」と言う返事が返ってきた。
その流れで、他の子達にも順番に合格した学校を尋ねると、殆どの子が江戸高(^^;;;
で、最後に聞いた子が、「葛飾総合です」と言った途端、
その場に居た顧問の表情が変わった。「ウチか!v(^^)v」
私は、その瞬間、その子と握手をした。何か、こう言うの久々だったね(^^;;;
で、握手が終わった時、他の子達に、
「お前ら、何で、みんな江戸高なんだ、川〇先生って、怖えぞ」と話した(^^;;;

何て言うか、みんな良い顔してるんだ。
希望に充ち満ちてるって言うか、
ああ言う顔は、この時にしか見られないのかも知れない。
あの子達から、プラスのオーラが溢れ出てる。
このまま、そのオーラを持続して行って欲しいです。

葛総に決まった子が、帰り際に挨拶に来てくれた。
当然、ウチの試合を見た後・・・。
「お前、ガンバレよ、待ってるな」と声を掛けたら、
「頑張ります」と言ってくれた(^^)v
「練習に参加させて下さい」と言うので、
顧問の連絡先と、先輩達のLINEを聞いて帰った。

本当なら、あの子に先輩達の良いプレーを見て欲しかった。
「なあ、お前ら頑張ろうよ」と、その時、ホントに思った。
勝敗では無くてな、中学生に一生懸命な姿を見て欲しかった。
数年前、お前達も、あの子と同じオーラに包まれていた。
キラキラしていた。
今は、少しお姉さんに成った分、そのオーラが影を潜めた。
良いんだよ、好きなバレーをやる時は、あの時のお前達で、
恥ずかしい事なんて無い。
全力で感じた不安に打ち勝っただろう。
悩み、苦しみ、不安な気持ちで、受検し合格した。
「ヨーシ!」と思って高校生に成った。忘れるなよ、その気持ち。

ステージに居られた、江戸高顧問の川〇先生に声を掛けた。
「何か、来てた中学生の殆どの子が、
江戸高に合格した子でしたよ」と言うと、苦笑いをされていた(^^;;
で、その時、見ると先生の手が、テーピングだらけだったので尋ねると
「球出ししてたら、指が割れてしまって・・・」
いったい、どんな球出ししてんだろうね。打ち続けないと、ああは成らない。

と言うとだ、先生の手がボールを打ち過ぎ、腫れて割れると、
あいつらの勝率が上がると言う公式が成り立つのか?
オイ、ゴリ。手袋して球打ってる場合じゃ無いかもよ(^^;;


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント